カテゴリ:本( 3 )

 

星の王子さまを読む

先程NHKで星の王子さま特集を見ました。
いやぁ楽しめた楽しめた!深い番組だったね。
星の王子さま。私にとって星の王子さまは不思議な存在です。
小学生低学年の頃に出会い、今でも愛読書となっているんですがいまだに分かったようで分かっていません。
それほど深い深い話だから、と私は思ってます。
何度読んでもどこかで新しいなにかの言葉に出会い新たな発見をします。ただ「分かった」と一言で言えないような存在、それが星の王子さまです。
今回の特集を見てもみんなそれぞれ感じる所、言葉、が違い面白かったです。
どれどれ、もう一回読もうかな?きっとまた新たに響く言葉が見つかるかもな?なぁんて思ったり――


――どでもいいけど辛酸なめ子さんの描く王子さまがどーしてもぴゅーと吹くジャガーさんにしか見えません。ごめんなさいごめんなさい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by inuinui01 | 2007-06-10 23:57 |  

赤い指

今日はベストセラー、東野 圭吾の「赤い指」を読みました。


―――中学生の息子と痴呆症の祖母をもつ夫婦がいた。
周りから見るとごく普通の家族だった。しかし嫁と姑のぎくしゃくした関係、祖母の痴呆による行動、息子の幼女趣味という歪んだ性癖といった問題がふくらみゆっくりと家族が壊れていった。
そして事件は起こった。息子が近所の幼女を自宅に誘拐し、殺害をしてしまったのだ。
しかしどうしても息子を罪から逃げさせたい、そう考えた夫婦はある行動を起こした。―――



「家庭とは」「これからの老人社会は」となかなかタイムリーな話でした。
私の祖父もアルツハイマーのため人事とは思えなかったっす。
色々考えさせられましたよ。
また最後にどんでん返しがきてかなりの衝撃でした。
癖もなくさらりと読めるのでオススメですよー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by inuinui01 | 2007-04-05 21:07 |  

江戸っ子だい

只今総合学習で「江戸」をテーマにし、勉強をしてます。
ホントは「春画」をテーマにしたかったんだけどモロ18禁なので泣く泣くやめました。

そこで杉浦向子さん著「一日江戸人」を資料にしているのですがこの本がやたら面白い!
江戸っ子の生活を楽しく書いてあるので気軽に学べまちゃいます。

そんなかで面白いものを~~
※江戸時代のマジナイ※
よく「緊張したときは手に“人”を書け」といわれますが江戸にもそんなマジナイがありました。
ではその一部を紹介!
「つった足を直す法」
①「ボケ×3」と3度ずつとなえながら足をさする。
②それでも無理なら男はアソコを引っ張り女はパイオツを左右に引っ張る。
「鼻血を止める法」
血が出ているのが左の鼻ならば左のタマ、右なら右をしっかり握る。女の場合はパイオツ

じ、実践できねえ・・・!(ゴクリ)
うん、面白いけど普通にできないゾ!コラ☆

そんなことがいっぱい書いてあります。素敵素敵。
江戸に興味のある人いかがっすか?♪
あ、マジナイは度胸のある方、またはドMな方はどうぞお試しを♪
[PR]

by inuinui01 | 2006-11-01 18:36 |